@pantheo27705718 からのツイート

恐竜と世界の化石2014
上野歴史民俗資料館
9/23~1/9
チラシ
グラファイトダイナソー
山本聖士さんのサイト
恐竜倶楽部

所 十三の「恐竜漫画描いてます」

LAST UPDATE 2014.10.24

This page is written in Japanese
 

ディメトロドンとサメは互いに捕食しあった 10.24.14
  GSA2014プログラム ライブサイエンス
  これもGSA2014におけるロバート・バッカーの発表からです。ディメトロドンは約2億
 9千万年前、ペルム紀前期における陸上生態系の頂点捕食者でした。しかし、その餌
 となる大型植物食動物は、その当時、ディメトロドンの数に比較し少ない。このことは
 1970年代から当時の古生物学者E. C. Olsonにより指摘されたいました。バッカーは、
 テキサス州の発掘地で30のディメトロドン標本と、わずかに2個体の植物食動物標本
 を発掘したそうです。一方、ディメトロドンの歯には60以上の魚類の断片があったそう
 です。当時の大型魚類はXenacanth というサメです。ディメトロドンはこれを捕食して
 いたとしていますが、一方、このサメの歯はとても鋭く、ディメトロドンの帆の骨に鋭い
 傷痕が発見されているそうです。このことから、ディメトロドンとサメが相互に捕食して
 いたとしています。

デイノケイルスの謎、解明 10.23.14
  北海道大学(PDF) 北海道大学総合博物館 ネイチャーニュース NHK 
  47ニュース 毎日新聞
  長い間、両腕から先しか知られていなかったデイノケイルス。新しい標本が発掘され
 全容が徐々に知られてきましたが、今日、ネイチャーに論文が掲載されました。
 デイノケイルスは巨大化したオルニトミモサウリア類であること、含気化した骨をもち、
 走るのをやめゆっくり歩く。伸びた吻部、深い顎長い棘突起、尾端骨、U形をした鎖骨、
 強力な筋肉が付着する膨大した骨盤、比較的短い前肢、幅広い足指等の特徴があげ
 られています。頭骨の機能、数千の胃石が残っていること、胃の中に魚の残骸がある
 ことから、デイノケイルスは中湿性環境に生息し、魚も食べていた雑食性だったとして
 います。
 Yuong-Nam Lee, Rinchen Barsbold, Philip J. Currie, Yoshitsugu Kobayashi,
 Hang-Jae Lee, Pascal Godefroit, Francois Escuillie & Tsogtbaatar Chinzorig
 Resolving the long-standing enigmas of a giant ornithomimosaur
 Deinocheirus mirificus

 Nature (2014) doi:10.1038/nature13874 アブストラクト

双弓類で子の世話をする最古の化石証拠 10.23.14
  中国遼寧省のYixian(義県)層から産出したコリストデラ類、Philydrosaurus が子の
 世話した化石証拠とのことです。双弓類で子の世話をした最古の化石証拠になるそう
 です。
 Junchang Lu, Yoshitsugu Kobayashi, D. Charles Deeming, Yongqing Liu.(2014)
 Post-natal parental care in a Cretaceous diapsid from northeastern China
 Geosciences Journal DOI: 10.1007/s12303-014-0047-1 アブストラクト

バージェス頁岩生物から腕足類の共生化石 10.22.14
  Wiwaxia のウロコ状の身体に付着した小さな腕足類、Nisusia 。カンブリア紀に既に
 共生関係があり、多様化が進んでいたことが示されるそうです。
 Timothy P. Topper, Lars E. Holmer & Jean-Bernard Caron.(2014)
 Brachiopods hitching a ride: an early case of commensalism in the middle
 Cambrian Burgess Shale
 Scientific Reports 4, Article number: 6704 doi:10.1038/srep06704 論文

カンフーステゴサウルス 10.22.14
  GSA2014プレスリリース 発表要旨
  ロバート・バッカーの名を聞くと、懐かしさがこみ上げてきます(本人には失礼かな)。
 彼がポスター発表したもの。ステゴサウルスの尾の棘により傷を受けたアロサウル
 スの恥骨についてです。彼は感染が太ももの筋肉や腸もおかし、アロサウルスを死
 に至らせただろうとしています。
 ステゴサウルスの尾の棘による傷痕の残るアロサウルスの脛骨は、2012年に幕張
 で開催された恐竜展でも展示されていました。その時は、尾を水平に振るという印象
 でしたが、もっと器用に尾を使うことができたのですね。
 

メニュー

イベント情報金 子 隆 一 取材アルバム恐竜紀行
博物館探訪記買い物かごギャラリー
恐竜拾遺録バックヤード 最新ニュースを詳しく載せてあります。過去のニュース収蔵庫リンク
ツアー情報空白ディノアゴラ(掲示板)
キョウリュウをさぐる


ご意見などはこちらまで

お得なインターネット特典!

サイト内検索

キーワード: [検索方法]

表示件数: 要約表示: ソート:

Google
WWW を検索 恐竜パンテオンサイト内を検索
ホームページに載せていない情報も!

白馬五竜スキー場公式ページ
エスカルプラザ
青い山
グリーングラス

Snownavi白馬五竜

白馬五竜スキー場ライブカメラ by白馬ストリート
白馬五竜スキー場ライブカメラ
白馬五竜スキー場ライブカメラ by白馬ストリート
白馬五竜スキー場ライブカメラ


1996年11月1日開設